FC2ブログ
« 2019 . 02 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

発展途上国に行ってきました!

 ふっふー。
 カンボジアに行ってきました! アンコールワットを見てきました!!
 満足した! 石の文化は後世まで残るから良いですねぇ。
 
 まぁ、、、アンコールワットの感想はあんま書くことないや。あのまんまです。
 あああ、そうね、すごいなぁと思ったのは、宗教についてですわ~。今って、宗教ってちょいと怖いものだと多くの日本人は思っていると思うのですが(あれ?そうじゃないかな)、よく考えてみると、宗教がない文明ってないんですよね。どの文化にも、神様やらなんやらかんやらおりますでしょ? 今回の旅行でも、あああ宗教の力ってすげぇなぁ、と思ってました。アンコールワットは、(多分)ヒンズー教の世界観を現世に現すために作られたものなんですが、まぁ、大きなもの作りますよねぇ。。。
 今回の旅行では、フリーの日はアンコール国立博物館に行って、神話やらなんやらかんやらお話聞いてきたんですが、神話の世界ってもう意味がわかんなくて混乱するばかりです笑。神々と悪魔が綱引きして不死の薬ができました☆と言われても、正直よくわかんない。綱引きする理由もイマイチわかんないしねぇ。。。まぁ、そんなわけでわけわかんねぇなと思いながらもなかなか面白いなと思ったのが、創造のヴィシュヌ神と破壊のシヴァ神はセットなんですよと説明されていたことでしょうかね。普通、人間ってのはなにかを創り出すのを目指しているので、まぁ、ヴィシュヌ神は分かりますが、それの反対の作用を持つシヴァも神様なんですよ。私だったら神じゃなくて悪魔にしそうなものだな、と思った次第。作って壊して、を繰り返すことに意味を見出す文化が、なにやら奥深いもんだな、と思ったのでございます。

 さてさて、今回の旅行では、トゥクトゥクのオッサンにちょっとボられた以外は安全で健全な旅でした。
 このぼったくられた話もちょっと面白いんですが、真面目に書くと長いんで、要点を順番に書いていきます。

【スタート】朝9時くらい
 ゲストハウスを出て、オールドマーケットまで歩こうとする。
 距離は1.5kmくらいだったので問題ないのだが、信号がないので道を渡れない。
 困っていると、トゥクトゥクのオッサンが「乗れよ!」と言うので、まぁいいかと思って乗車。
 2ドルとのこと。
 ↓
「あんたの言ってたとこは昼からしかやってねぇよ」みたいなことを言われたが、ガイドブックには8時ごろからやっていると書いてあったので、とりあえず行ってもらう。
 到着したのは、シャッターの下りたマーケット。(多分、ここはオールドナイトマーケットだった)
 ↓
 おっさん、「昼から開店だから、今からやっている『カンボジアマーケット』に連れてってやるよ!」
 私「(オールドマーケットって地元じゃカンボジアマーケットって言うのか?)じゃ、そこ連れてって」
 ↓
 おっさん、マジで地元民の行くマーケットに私を連れて行く。
 えー、困ったなぁ、行きたいマーケットじゃないなぁ、と思いつつ、オッサン「見て回ってきなよ!待っててあげるからさ」とのことだったので、仕方なく散策。(※衛生という言葉をドブに捨てているようなやべぇ環境の中、すんげぇ量の肉や野菜が売り買いされていた。これを見ると、「発展途上国で生野菜生肉生魚食べちゃダメ」というのを魂から理解できる)
 結果的に、非常に面白かったが。うん、これはこれで満足。
 がしかし、やっぱり最初に違うマーケットに連れて行ったのはわざとだなぁと思ったので、ガイドブックを再確認。
 ↓
 トゥクトゥクに戻り、「さっきのマーケット(※オールドナイトマーケット)の開店時間にはまだ時間があるから、もう一ヶ所連れてってやるよ」というオッサンを黙らせ、「おいおい私はココに行きてぇんだよ分かんだろああん?」と地図を指差し、当初の予定のマーケットに行かせる。最初、「え、ここわかんない」ととぼけてたおっさんだったが、私が地図をぐりぐり指差し、ガイドブックのページを開き、現地語で書かれた項目を指差し、カタカナで名前を読み上げると、ついに向かってくれることになった。
 ↓
 無事、到着。
 オッサン「値段は18ドルだよ!」
 バカ言ってんじゃねぇ!!!
 私「は? 片道2ドルとしても6ドルだろうが!」
 オッサン「じゃぁ8ドルで」
 意味ワカンねぇ! と思いつつ、しかたねぇなぁということでお金を支払う。
 もう!!! 舐めやがって!!!!

 これも、発展途上国らしさなのだろうか。。。
 腹いせに(?)、記念撮影してよ!と言って、私をカモにしたおっさんとトゥクトゥクをばっちり写真に撮り、「くっそー!」と思いながらも満面の笑みで「サンキュー!」と吐き捨ててその場を去った私でございました。。。(オッサン、気持ち悪い日本人だろうと思っただろうな。騙されたの気付いてるって、向こうも分かってただろうから)

 そういえば、マーケットはマジで値札がなく、交渉で値段を下げるしかありません。戸惑うばかり。
 私がマーケットで購入したのはシルクのスカーフとノートなんですが、スカーフの方は、最初「1枚8ドルよ」といわれたのを、「3枚10ドルで」とごり押ししたら本当に10ドルで3枚買えちゃったし、ノートも最初「8ドルだよ」といわれたのを「1ドルで!」と言ったもののそこまでは安くならず、2.5ドルで購入するに至りました。(それでも3分の1以下の値段だ。。。)
 3枚10ドルのスカーフって本当にシルクなんかい、という疑念は考えないことに。。。笑

 まぁ、そんなこんなで愉快に楽しく旅行してきました。
 
 ご参考まで、今回の旅にかかった費用。
 フライト9万円くらい。宿6000円くらい。遺跡の入場料とか1万円くらい。現地ツアー2万円弱。その他いろいろ2万円くらい。
 3泊5日で15万円くらい、でございます。まぁ、こんなもんか。
日常 | CM(0) | TB(-) 2019.02.16(Sat) 17:18

帰ってきた。

 カンボジアに行っていたんですよ! 昨日帰ってきたところ。
 また週末にでも書きます。
日常 | CM(0) | TB(-) 2019.02.14(Thu) 20:23

観た映画

 本日は一人で、「12人の死にたい子どもたち」という映画を観てきました。
 映画はまぁまぁでした。やっぱり、小説の情報は全部は盛り込めないんだなぁ、ということを再認識しました。小説の方が断然個人を掘り下げていて、面白いよ。

 先週、どうにか乗り切ったぞ、的なこと書きましたが、全然乗り切っていなかった。
 研修を受けた内容を「じゃ、発表して」って言われて、まさかの所内発表会を企画されてしまった。
 ええええ、ちょっと待ってくれよだって私この講義の受講者だよ~? 受講しただけでおんなじ内容講義できたら先生要らないじゃーん。と思いつつ。。。

 ちょっと、最近、要求されてることが過多だと思うんだけど。。。
 本部から来た人間だからって、ちょっと使いすぎじゃ、ないんでしょうか。。。
日常 | CM(0) | TB(-) 2019.01.26(Sat) 18:30

荷が下りた。

 うっへ。
 ちょっと大変だったセミナーが終わったので、ほっとしています。
 この1週間、多分こいつが私の中で相当な重石になっていて、朝起きれないわネガティブなこと考えるわでちょっと自分らしくない沈み具合だったのですが、よいよい。本日で終了いたしました。
 ふぁー! すっきり!

 私の半年前の職場(本部)で開催されるセミナーだったんで、それも嫌なところだったんだよな。私、もう二度と本部に戻りたくないと思っているからさ。
 久しぶりに行ったけど、やっぱりあそこダメだ。戻りたくない。

 今回のセミナーでよかったことといえば、単純にセミナーの内容が大変面白かったということと、私と同様に支部から出席した人たちとたくさんおしゃべりできたことかな。
 ストレスを感じつつ、本部の課長に会いに行ったら、支部への要望を聞かされて、「うおお、私をメッセンジャーにすんじゃねぇ」とも思うものの、まぁ良い。要望は現在の上司に伝えましょうぞ。

 ぐあー。明日あさっては休むぞ~。ぐぅ。
日常 | CM(0) | TB(-) 2019.01.18(Fri) 21:00

考える。

 最近よく考えているのだが、日本人は金の貯め方よりも、「金の使い方」あるいは「金の増やし方」を学んだ方がいいのではないだろうか。
 金貯めたって幸せになれんよ。
 そりゃ、ないよりあった方が良いけどさ、金だけあったってどうすんのさ。
 どれだけ自分を幸せにできる使い方をできるか、みんな真剣に考えた方が良いと思うんだ。

 今日、コンビニで日経ウーマンを買ってみたんだけど、特集で「一千万円貯める方法!」みたいなのがあったんだよね。
 でもさぁ、考えてみてよ。1000万貯めて、なにすんの。
 今やりたいこと我慢して、1000万貯めて、老後安心に暮らすの? でも、どうせ私らが年老いるころには、老人でも働かせられるんだよ。きっと仕事続けさせられるよ。年金もあるしさ。
 いくらお金があれば安心でしょう、なんて時々話題に上ったりもするけど、いくらあったって不安な人は不安だし、安心な人は安心だって。

 なーんて、そんなことを考えつつ、「貯蓄できてねぇなぁ、私」と思ったり。
 学びと旅行に超絶散財中なんで、私。投資だよ、投資。自己投資。
 いつ死んでもいいようにしているの。

 みんな知ってる? あなたが今生きてるってことは、そのうち死ぬってことなんだよ?
 最近の人々は、みんなそのへんを忘れているよねー。いつか、死ぬんだぞー。

 がんで余命が分かってしまうっていうのは、決して嬉しいことではないけれど、嘆き悲しむことでもないのではないか、と私は思っている。もちろん、痛いのや体が思うように動かなくなるのはいやだけど、寿命が分かってしまうという一点においてのみは、そんなに悪いことではないのかな、と、個人的には思っている。だって、掃除できるもんね。いろんな人にもさよなら言えるし。
日常 | CM(0) | TB(-) 2019.01.17(Thu) 20:57
copyright © !Bailamos! all rights reserved.

プロフィール

創

Author:創
分子生物学系の大学院生やってました。
いまは日本の心臓で働いています。

リンク

全記事表示

全タイトルを表示

書籍

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カウンター