« 2018 . 02 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

やっと!

 やっとスライドが固まったよ!!
日常 | CM(0) | TB(-) 2018.02.19(Mon) 19:13

頭の整理整頓。

 ぐえ。昼過ぎに、先生から「ディスカッションパートは全部やり直せ」との指令が下った。鬼…。

 でも、割と落ち着いているのは、「確かにな」と思っている部分が大きいからなんですよね。
 私の実験は、実験結果だけを見ると結構面白いんだけど、それの発展性ということになると、途端に意味の無いものになってしまうんです。そこを、こう、どうにかひねり出して書いたディスカッションだったんだけど、ダメだし喰らった。。。死ぬ。

 というわけで、ちょっと自分を落ち着かせるために、これを書いている。ふむふむ。

 ああ、でも、うずくまって叫びだしたい位には焦っているし、苦しい。
 頑張れよ頑張ってるよ頑張ってる頑張ってる頑張ってるでもどうにもならないどうにかしなければならないどうしようもないいやでもしかしこれからかこれからなにができる誰も助けてくれない自分で何とかしなくてはならないどうにかどうにかどうにか・・・・・・・!

 とりあえず、気温と湿度と栄養が足りていないので、暖房を入れて洗濯物を室内干しして甘いケーキと牛乳と、果物も食べたいみたいだからポンカンとか買ってきてあげた。もう少し頑張れると思うのね、私。

 ほおーら、息を吸って、吐くんだよー。
 
 がんばれー。
 がんばってるよー。

 あと少しだよー。

 自分が信じられないんだね。

 裏切られたことあるもんね。
 マスターのとき、不完全燃焼だったもんね。あのとき、諦めてしまったもんね。
 
 でも、今回は、なんとか、がんばってみようねー。
 うん、うん。

 ここでこうして味わった苦しさが、いつか私を輝かせてくれますように。
 ここでこうして感じた思いが、いつか誰かを助ける力になりますように。

 もうすこしでござる。
日常 | CM(0) | TB(-) 2018.02.19(Mon) 15:01

準備中準備中。。。。

 うおおおおぉぉぉぉぉぉおおおおぉぉぉぉ!!!!
 まだスライドが固まっていなーーーーい!!!!!

 昨日固まったつもりで就寝→朝起きて、原稿読みつつスライドチェック→スライドにミス発見&いろいろ足りない→修正しようそうしよう(イマココ)

 やっべぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!

 私、原稿読むとマジで棒になるから、暗記したいんだけど、現時点でこんだけ完成してないってちょっとやべぇぞ。本番明日なのに~。
日常 | CM(0) | TB(-) 2018.02.19(Mon) 10:43

ラストすぱぁと。

 公聴会がもう間近に迫ってきました!
 今日中に、スライドと、原稿を、完成させるぞ!!!!

 うーん、長い道のりだった。

 そういえば、昨日職場の人(文系)と話していて、
「博士ってすごいんですか?」「どういう意味があるんですか?」「企業の研究者はみんな博士なんですか?」「卒業してから取るって普通なんですか?」
 といろいろ聞かれて、目から鱗が落ちる。
 こういう、私が生きてきた環境では当たり前の知識として存在していた価値観というのが、めちゃくちゃ限定的空間でのみ通用するおはなしなんだなという驚きと、私はそういうところから遠く離れた場所にいるんだなという諦観。
 はぁ~。すごいなぁ。変なところに生きているわ。

 そうそう、今週の職場であったちょっとびっくりするお話。
 私の職場で、科学論文読める人がめちゃくちゃ少ないことを痛感したのです。英語がどうのということだけではなくて、論文に対する姿勢というか、考え方がすごく気持ち悪かった。
 私が住んでいた世界において、論文というのは、ある人為的条件下で観察した現象について記述された、固まった内容なのです。その内容は、少なくともその時点では可能な限り正確であるということが確かめられたもので、「観察した事象においては、正しい」ものであり、それ以上でもそれ以下でもありません。
 発表する雑誌の種類は、その事柄の示している事実が新しいかどうか、これから発展する分野の先駆けとなるか、ということであって、それが社会に及ぼす影響などは加味されないものなのです。当然だ。
 うちの職場には、その辺りがズレている人が多い。
 出来事を詳細に書くと問題なので書けないのですが、うまい例えが思い浮かばないな。うーん。
 論文の中で、「空間Aで、物体Bに熱を加えることで現象Cを示しました。現象Cは、生き物Dに悪影響を与えます」ということが言われていたとすると、それは、正しいんですよ。うん。で、とある平和主義者が、生き物Dを守るために、物体Bを全部この世から消し去れ!と主張するわけですよ。その主張に対して私たちがやるべきことは、「でも、この論文は空間Aに限った話ですからね」「物体Bに熱を加える条件はそうそう発生しませんよ」と理解することであって、間違っても「この論文なんて最近できたばかりの電子ジャーナルで、オープンアクセスで、とりあえず自分の研究を発信したい科学者が金積んで掲載してもらってるだけの意味のないものだ」とはねつけることではないんですなぁ。
 そういう雰囲気があって、かなり驚いたし落胆した。うちの部署って、私の組織の中でもかなりサイエンティフィックな人たちが集まっていると思っていたのだけど。。。

 この場では、こういう批判的なことを書いて行きたいので、みなさま、くれぐれも、わたくしの身分等わかる書き込みやコメントはしないでね~。匿名だから書けるんだって、こういうのはね。間違ってもFBには書けない笑。

 これまで、このブログの存在を明らかにしてきた人は結構限られていたのですが、大学院時代の友人たちにもちょっと教えるかな、と思っているところです。
日常 | CM(0) | TB(-) 2018.02.17(Sat) 12:47

あーとちょっと。

 昨日は、思ったよりも叩かれることなく終わった。
 しかし、問題が無いわけではないので、さて、もう少し、頑張りましょうかね。
日常 | CM(0) | TB(-) 2018.02.12(Mon) 21:31
copyright © !Bailamos! all rights reserved.

プロフィール

創

Author:創
分子生物学系の大学院生やってました。
いまは日本の心臓で働いています。

リンク

全記事表示

全タイトルを表示

書籍

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カウンター