うそはつけねぇ。
2016.07.17 (19:02) 日常comment(1)
うぁぁぁぁぁあああ!
昼くらいに、平静を装って記事投稿したけど、正直に言おう!

いまめっちゃストレス溜まってる……!

つーのも、やんなきゃならないことが山積してて、しかもどれも手に付けたくないのね。。。
ほぼ自業自得なんだけど、書いたらちょっとすっきりするから書くね。

ストレッサー① 研修の報告書
 提出は来週なんだけど、この3連休中に書かないと私が死ぬ。。。
 書きたいこと書ければいいんだけど、正直な感想は「仕事頑張んないでプライベート充実させようと思いました」なので、流石にこれは書いちゃダメでしょ。。。! ってことで、「もっと仕事に邁進したいと思いました」みたいな、180度逆の報告書を書かないといけないのね!! もう、これが、ストレス!!!!

ストレッサー② 論文
 まだまだ博士取れる可能性があるので、ちょいっと論文書いてるんですが、これがなかなか進まなねぇ……! 文章書くだけじゃなくて、論文読んだりしなきゃいけないから、これがもう嫌で嫌で面倒でしょうがない! まぁ、何回かやり取りしているから、今回を乗り越えたらちょっと楽になると思うんだけどね。

ストレッサー③ 素敵なお召し物ですねの人
 LINEのやりとりがめんどくさ過ぎて発狂しそう。私はお友達でいたいのだが、知り合った経緯が経緯なだけに向こうの押しが強くてなんやかんややり過ごすのが面倒。切ればいいのかな? え、もう、ずばっとさらっと切っちゃう???

ストレッサー④ 小説
 これは、完全に私の趣味の話。完全に趣味で、完全に趣味な小説をWEBに公開しているのですが、それの更新が止まっているのが心苦しくてしょうがない。プロット組んでないのに見切り発車したからね。。。反省。

ストレッサー⑤ 部屋が汚い
 言い訳させて! 部屋が汚いっつうか、書類が多すぎるのよ!
 論文関係の書類と、研修でもらった書類と、なんやかんやと捨てられないものがもう本当にいっぱいあるんですぅぅぅ。
 私の6畳の部屋の1.5畳くらいは書類で占拠されてるんですぅぅぅ。

 うおぉぉぉぉ。
 しかも、研修来週終わったら、一ヶ月ぶりに職場復帰なんだよぉぉぉ。嫌だあぁぁぁ。サザエさん症候群、通常の5乗くらいがのしかかってきてるよぉぉぉぉ!
思考整理。
2016.07.17 (14:54) 日常comment(0)
 心にものさしを!
 自分のものさしを!

 今は割りと楽しく適当に生きていますが、これでもちょくちょく挫折してるし将来どうすっかなぁとぼやぼや考えている。
 自分の進みたい道ってのがよく分かんないのでもだもだしている。
 とりあえず毎日ご飯食べれるくらいには稼いでいるからいいか、と思うけど、裏を返せばそれだけってことです。
 死んでないだけなのですよね。
 
 「これから、どんな世界にしていきたい?」
 って問いがあったとき、答えを明確に持っている人ってどれくらいいるのかな。
 私の場合はね、「あれはいやだ、これはいやだ」っていう言葉は出てくるけどね、じゃぁどうしたいのってあんまりないんだよね。
 そんな自分を卑下する気はあんまりないけど(笑)。だって、たいていの人ってそうでしょ。でもね、いつか、この答えに、明確な答えを出せるようになるといいなぁとは思っているんだよ。

 ま、とりあえず、毎日を生き延びることだ。
 あ、なんかいろいろ書いてるけど、なんだかんだ言って友達もできたし研修生活も結構楽しんでおりますのでご心配無用ですよ。

 価値観のものさしっていうのはさ、多分1本だけじゃなくて、いろいろな次元に伸びている不思議なものなんだよな。
 今の私はね、研修で、いろんなところに行って、いろんな人に会って、自分の中のものさしを強くしているところなの。
 これまでは数本しかなかったものさしに、新しいのを沢山つけたしているのですよ。

 自分のものさしを持っていない人間は不幸だよ。
 たった一本のものさしでしか物事を測れない人間は哀れだよ。

 あらら、今日の記事はなんだかポエムのようですね。
 ま、たまにはこういうのもいいんじゃないかな。
 
 最後に、父からの手紙を抜粋。
『とにかく生き抜いてください。職場は、ありがたいような、恐ろしいような、わけのわからないところ。 (略) 私も、老後、自由に生きるつもりだ』

 この親にしてこの子あり。面白い人だよね。
見た映画
2016.07.16 (19:32) 日常comment(0)
High and Low the Movie 2016 日本

はいはい、例にもれずくぼた君目当てで行きましたよ! 
……あんまり出番なかった。。。RUDEメインで映画作ってくんねぇかな。 はい! オタクの感想はこれくらいにしておいて! まっとうな感想を書きます。

率直に言おう。殴り合い多すぎて胸焼け。
もー、殴り合って解決することなんてないんだからねぇ!
そういう見せ場をつくりたいがための映画ってことは理解しているので良いんですが、もっとこうなんとかできたんじゃねぇのかと。

しかし、無駄な殴り合い多すぎなことを除けばお話はまぁまぁでしたね。
なぜ殴り合っているのかは良くわかんなかったけど、(だって、殺すわけでもないし)、お話はあったのでよしとしよう。

そして、また続編が作られるらしいのですが、それでさいとーたくみ氏が出るんだそうな。
ネタばれなので一応白地にしておく。
雨宮弟が、スモーキーに「探してるやつがいる」って言って長男の写真を見せたときに、私はスモーキー(有栖川)が「火村やん!」って言いそうな気がして一人にやけていた。私は映画始まる前に、長男はさいとう氏だと知っていたので。
ストーリー的に、スモーキーが海外に出るとは考えにくいので、さいとうくぼたコンビは見られないんだろうけど、この人たちめっちゃ共演してんなぁと面白く観ています。
おわり。

変な目線で観たとき、このストーリーは地方創生の話なのかな、と、途中飽きてきたので考えていた。
再開発を進めたいグループと、それまでのやり方を守りたいグループと。
地方創生を誰のためにやるのかというお話で、利益を生み出す土地にしたいのならば開発すべきだけれども、その地に住む住人が反対するのなら元も子もない。ただし、放っておけば生産人口は流出していくし高齢化は進む。さてはてどうするべきなのかしらん。
映画の中では、殴り合いしているのは若い男の子たちなんだけど、これをこの子たちの父親世代メインにしたら、まるっきり衰退していく地方のお話になるのではないかと思いました。
……この映画観てこんな感想を言うのは私くらいなもんだろう笑。
観た映画
2016.07.09 (20:14) 日常comment(0)
ブラッド・ダイヤモンド (2006) 米

ダイアモンドの取引をめぐるお話。研修で講演に来ていた人がオススメしていたので。
悲劇が悲劇を生み出して、繰り返されていくのだなぁというのが感想。
未だに、きっとアフリカのあのあたりの地域ではこんなことが起こっている。
正義と悪がきっぱり分けられないのを良いことに、外野が首を突っ込んであれやこれや焚き付けて、結局傷つくのは現地の人々、という話。資源があるのも困りものだな、と思った。

いろいろ、もっと自分にできることがあればいいのにね、と思う。
とりあえずは、今の職場で使い物になるように頑張りたいとは思っている。
3年目以降、海外に留学できる制度があるのだが、私は大学院留学よりも、青年.海外.協力隊にしようかなぁ、とか考えてみた。
観た映画
2016.07.09 (19:50) 日常comment(0)
疑惑のチャンピオン 2016年 米?

いろいろ考えつつ観ました。
競技としてのスポーツの過酷さの一面を見た。あと、職業にするってことは、期待とかそういういいものだけじゃなくて、スポンサーだとか諸々の厄介ごとがくっついてくるものなんだなぁと思いました。
誰が悪ともなんとも言えませんなぁ。
まちがったことしてても、それを大多数の人が賛同してしまっていたら、覆すのは相当むずかしいんだろうね。人間の弱さを見た。。。
命だいじに。
2016.07.02 (17:48) 日常comment(0)
「仕事でのあなたなんて、いくらでも代わりはいるんだから。
でもね、家族にとってのあなた、友達にとってのあなたは、一人しかいないんだからね」

と、面と向かって言われて、「あー、職場に戻っても仕事あんま頑張らんとこ」と思った。
最悪な研修生である。笑。

たくさん友達を作って、今いる家族を精一杯大切にして、趣味も見つけて、楽しく生きていこうと思う。

詳しいことは書くと怒られるから書かないけど、今週一週間研修に行かせてもらったのは、障害者福祉施設なのです。
産まれてからずっと障害を抱えている人たちではなく、事故や病気で人生の途中から障害者になった人たちが集う施設でした。

それまでできていたことが、できなくなるって、すごいストレスなんだろうなぁと考えていた。
働いていたときのことを、誇らしげに語ってくれる人も居て、5人分働いていたわぁ、なんて教えてもらった。
忙しい中、海外にいる恋人と3ヶ月に1回会うのが楽しみだったんだって。
その恋人との関係は、その人が「病気」になるまでの話だそうです。それ以降は、なんか、何て言われても上手く返せる気がしなかったから聞いていないけど。

病気や、事故で、ある日自分がどうしようもなくなっちゃったときに、助けてくれるのは家族であり友達なんだろうなぁ。

と、ここまでは、私の感情的な話。
ここからは、理性的な話。計算高い話とも言う。

ちょっと微妙なことも書いてるから、追記にしとくね。
more
home