ここからが正念場。
2016.08.28 (18:00) 日常comment(0)
うぐぐぐぐ。
仕事の話。

右も左も分からない時代は過ぎ、今は周りのことがちょっと分かるようになってきたので、力不足知識不足が苦しくなってきた。
理想の自分が遥か遠くにいて苦しい。そこに全然到達していないから苦しい。
もっとこうすれば、あれを理解できれば、ここを聞くことができたら、なんてのを毎日考えていて一日が終わり、一週間が終わる。

周りの人たちは何年も働いているんだから、そこに追いつけないのは当然としても、それに比べて目に見えて使い物にならない今の自分が大変もどかしい。
同期の間で比べりゃ、似たり寄ったりの出来ではあると思うんだけど、私の部屋には1年生が私しかいないから比べようがないんす。

あーあーあー。
頑張れ自分、と思うと同時に、もう頑張ってんじゃん、と思ったり。

はぁ。明日からまた仕事。
先週やり残した仕事が結構あるから気が重い。

今日は一日中PCに向かってマテメソの英訳をしていた。ほぼ完了。
なんでもしていいと言われたら。
2016.08.27 (19:57) 日常comment(0)
今日はちと買い物に出かけて、ぼんやりと考えていたんだけれど、もしお金も土地も人も全部気にしないでいいから自由にものごとやっていいよと言われたら、学校を作りたいかなぁと思いました。高校とかね。面白いことに触れる機会は山ほどあったのに、イマイチ興味を持てなかったなぁ、と思って。カリキュラムとか無視してさ、実験とか見学とかたくさんできる学校があったらいいなぁ。

ま、そんなことは夢物語ですが、ちょっとだけ実現可能かなと思うのが、移動式実験会社みたいなヤツです。
例えばさ、理科の実験で、「カエルの解剖」を請け負ってくれる会社とか。
カエルの手配からハサミの準備から、当日の実験、レポートの添削とか、実験一式やってくれるのあったら、先生も楽じゃないすかね? 解剖とか、絶対楽しいと思うんだけど、準備も大変だし、いざ解剖してみたところで満足な説明できるわけないじゃない。(だって、理科の先生全員が両生類の体の専門家なわけじゃないし。)
近い将来、部活の顧問は外部の専門家に委託することになるんじゃないかなぁと私は思っているんですが、そんな感じで実験も委託できるようになればいいんじゃないかと思う。・・・ま、文科省には無理だろうけどね! 日本は結構公共の制度を頼りにする傾向が強いと思うんだけど、自由度上げた方がいいんじゃないかなぁ。もちろん、失敗することもあるだろうけれど、成功することもあるわけで、その辺は制度じゃなくて実施する個人あるいは団体に努力していただくしかないんだと思うよ。

あ、ちょっと話が逸れたけど、要するにそういう実験をする企業があったら面白いんじゃないかなぁと思った次第。ついでに言うと、こういう実験って大人こそ楽しめる、という面もあるんですよね。というわけで、こういう企業ができたら、平日は学生さん向けに、土日は親子連れ、あるいは社会人向けに講座をやってほしいです。
夏休み終わり。
2016.08.22 (23:54) 日常comment(0)
ぬあーーー。明日から仕事ですぅぅぅ。夏休み終わっちゃったよ!
嫌だけどがんばろう。積極的に嫌だと言えるほど嫌なことも大変なこともないけど、楽しくないことは間違いないっす。

----------------------------------------------
漫画の話とアニメの話。を、ちょこちょこと書いておきます。

● http://acca-anime.com/
私が真面目に追ってる数少ない漫画であるACCAがアニメ化しますよ。
予想していたより雰囲気の良いPVで感動。あー、このクオリティで全部やってー、お願いしますお願いします。
1月からスタートということですので、これを観るために私は1月まで生きることにする。
……しかし、今原作が佳境なんだけど、どこからどこまでアニメ化するんだろう??
もういっそ、原作終わってから1本の映画にした方がいいようなタイプの漫画だと思うんですが。

● 僕だけがいない街、を読みました。
間延びせず、良い感じで短く終わっていて、話も練られていて楽しみました~。一気読みできるっていいね。
映画も今度レンタルして観ようかね。うむ。

● 一年位前まで読んでいたはいきゅー!を最新刊まで読んだよ。
好きなんだけど、好きなだけに、時々作画が乱れるのが気になるよぉぉぉぉ。キャラの書き分けできてないよねぇ!割と体のバランス崩れるよねぇ!!!(でも、ときどきめっちゃ良い絵描くのも認める。大きいコマ割の、特定キャラの見せ場のコマは上手いのが多いね)
ちょっと今検索したけど……え、舞台やってんの? そして、アニメ3期やるの? ……すごいな。
(ていうか、アニメ、プロダクションIGがやってんだ。。。黒バスといい、ジャンプのスポーツアニメを請け負うようになったのか。。。IGがやっているという理由のみで、ちょっと観るか、という気分になる)

● あと追いかけてる漫画は、シュトヘルと乙嫁語りくらいですね。
 うーん、面白い漫画ないかな。。。ふたがしらは、読みたいんだけど、ちょっとマイナーだからレンタルが難しいんだよな~。

● ジョーカーゲーム、そうか、これもプロダクションIGの仕事だったのか。。。見ればよかった。原作は全部読んでおるのに。
里帰り中。
2016.08.19 (10:41) 日常comment(0)
地元戻ってきてます。
今回は大学関係者中心に人に会いまくっています。ちゃんとラボにも行ってきたよ。
書いている途中の論文を、そろそろ英語にしましょうね、という前向きな話し合いをしてきた。

昨日の夜はドクター仲間とご飯を食べたんだが、今の大学院の様子はあまりよろしくない模様。
就職して良かったなぁ。先生とのごたごたって、将来研究者になるんだったら必要なステップだったかもしれないけど、とりあえず研究者にならんぞと決めた時点で、やる必要のないことだったのだと改めて思う。

私は理系に進んだことは後悔してないけど、もう一個専攻できるなら経済学か国際政治をやりたいなぁと思います。
今の社会がどうやって成長して形成されてきたのか知りたくて、さらに言えばこの先どうやって社会が動いていくのか考えたい。
冷静に考えると、今の日本の赤字財政はものすごくヤバいよね。国民一人当たり何百万、みたいなこと言ってるけど、どうやって解消すんだよおおぉぉぉ。私らの世代が割りを食うんだよ分かりきってることじゃねぇか。。。!
他の資質の詳細も。
2016.08.13 (09:02) 日常comment(0)
おととい書いた記事、それぞれの特徴の詳細も、面白いので書いておく。
結構、「そうねぇ」と思うのも多くて愉快。
長いので、追記へ。
more
見たい映画おぼえがき
2016.08.11 (21:12) 日常comment(0)
自分めも

栄光のランナー(絶対観る)
秘密(暇だったら観る)
アイヒマン・ショー(なんか見なきゃならないっていう使命感。。。)
ブルックリン(NYの街を観たい)
ストリートオーケストラ(面白そう!)
自己分析。
2016.08.11 (19:54) 日常comment(0)
http://www.ikedahayato.com/20150206/21004883.html
この記事で紹介されていて、面白そうだと思ったので。

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」

という本を使って、ちょっと自分の特徴について考えてみることにした。
↓その結果が、こちら。

自分の強み no name

意外? どうかな?
私がこれを見ておおお?と思ったのが「調和性」で、なんというか、私はあんまり人と調和することは考えていない人間だと自己診断していたからなんだな。
しかし、説明文の行動がまんま私の行動で笑った。

調和性の詳細説明文
→あなたは、衝突や摩擦から得るものはないという考えを持っているため、そのような争いを最小限にしようとします。周囲の人々が異なる意見を持っていることが分かると、あなたはその中の共通する部分を見出そうとします。あなたは彼らを対立から遠ざけて調和に向かわせようとします。人々が自分の意見を他人に押しつけるために無駄にしている時間の多さは、あなたには信じがたいほどです。もし私たちが意見を述べることを控え目にし、代わりに同意や支援を求めるようにすれば、皆がもっと生産的になれるのではないでしょうか? あなたはそうなると信じています。そしてその信念によって生きています。他の人が自分の目標や、主張や、強く抱いている意見を声高に話している時、あなたは沈黙を守ります。他の人がある方向に動き出すと、あなたは調和という名のもとに(彼らの基本的価値観があなたの価値観と衝突しない限り)、喜んで彼らに合わせてあなた自身の目標を修正するでしょう。他の人たちが自分たちのお気に入りの理論や考えについて議論を始めると、あなたは論争を避ける方向に持っていき、全員が賛同できる、実用的で地に足の着いた事柄について話すことの方を取ります。あなたの見方では、私たちは全員同じ船に乗り合わせていて、この船をこれから行こうとしている所に到着させる必要があるのです。それはしっかりした船です。単に自分が船を揺することをできることを示すために、わざわざ船を揺する必要などないのです

笑!研修のときのディスカッションにおける私の行動そのもので笑う。
元気元気。
2016.08.07 (09:58) 日常comment(0)
やっほーお久しぶり。

音信不通だけどまぁまぁ元気です。
なんとかやってます。今は、夏休みを目標に仕事をすることにしました。

読んだ本
死神の浮力 伊坂幸太郎
初期伊坂な感じで面白い。

観た映画
プラダを着た悪魔
主人公の子がひたすらおしゃれな感じ。あまり共感はできないが。
主人公より、主人公に仕事奪われる先輩の方に感情移入してしまった。
home