やはり。腹立たしく。
2017.02.26 (14:03) 日常comment(0)
 うおおおお。
 いま、博士の論文見直してるんだけどさぁ!! やっぱむかつくんだわ!!!!

 なにも包み隠さず言うぜ??
 ほんっとあの人教育者じゃないよね??????!!!!!!
 もうさ、山奥か孤島で一人で研究してればぁぁぁぁあああああ!!!!!!?????



 ああああああああ!!!

 むかつく!!!
 むかつくうううううううう!!! あああああああ!!!!!!

 
理由は不明だけれど。
2017.02.25 (22:13) 日常comment(0)
 今、国立大学の二次試験をやっているらしいね。
 私は推薦組なので関係ないんだけど、あれは、結構なプレッシャーだよねぇ。

 で、高校生のときのことを考えていて、ふと思い出したのだけど、高校の先生が学年集会で「賽の河原」の話をしてくれたんだよね。丁度、この時期、センター受けるとかその辺のタイミングだったと思うんだけど。
 その先生っていうのが、学年主任の英語の先生で、今調べると、「賽の河原」ってそんなに良い意味でもないんだけど、なんでか頭に残っているので、きっとなにか私にも感じるところがあったんだろうな。
 石を積み上げては崩されるということに、意味はないと考えることもできるけれど、積み上げるということに意味があるんだよ、とか、そんな感じのお言葉だったのかもしれない。肝心の、先生のメッセージは忘れちゃってるなぁ。このポンコツの頭め。

 そうそう、その学年主任の先生には、センターが終わった後、推薦の試験を受ける前に偶然廊下で会って一瞬話をしたことがあって、交わした内容としては
「センターどうやった?」
「イマイチです」
「推薦はどうするんや」
「受けれないこともない点数なんで受けますけど」
「そうか、頑張りよ!」
みたいな、本当に一瞬の会話だったんだけれど、このときに、「あ、私この先生に認識してもらってるんだ」と妙に感動した記憶がある。私は、自己評価が低いわけじゃないんだけど、まぁ、「自分なんて大した人間じゃないですからね」と思っていて、だから、その学年主任の先生に、一個人として覚えられてる気がしていなかったんだよね。
 今思えば、英語の担任していたクラスの生徒で、進学クラスの生徒であったわけだから、一個人として認識しないなんてことはあるわけないだろと思うんだけど、その当時は本当に心底驚いたんだよなぁ。

 高校のときの後悔はいろいろあるな。もっといろいろ考えておけばよかったな。
 あー、でも、大学の時の方が、もっといろいろ後悔はあるなぁ。。。

 そういや、一こ前の記事で、友人が私のことを「人懐っこい」と評価した理由は、彼女と私が出会ったのが大学院に入ってからだったからだと思うよ。
 高校、大学と、私は人と人との繋がりを煩わしいものだとしか思っていなかったような気がする。一回、大学に入るときに、アドレスを教えずに携帯変えたことがあって、それは煩わしい関係を全部消去したかったからなんだよね。
 今でも時々、自分の持ち物全部捨てて遠いところに行きたくなるけど、連絡先を断絶したいとは思わなくなったから、人間としてはまっとうになったんだろうなぁ。
 私の中にはいろんな私がいるけれど、最近の主人格はマイルドで温厚であるようだ。

 ここまでの話とはまるで関係ないけれど、「人は生きているだけで素晴らしい」というのは幻想だと思っているんだけど、みんな本当にそうだって思ってる??
なんてことはない
2017.02.25 (12:57) 日常comment(0)
こんちはー。
前回の更新から大分日が開いてしまったけど、別に精神病んじゃったとかそういうことじゃないから安心してね。
一番の理由としては、このブログのログインパスワードを忘れて、ログインが面倒になってたっていうのね。

さてさて、ハイライトをば。

◎先週沖縄行ってきたよ
 友人の結婚式に出席するために、沖縄に行ってきました~!! 楽しかった!
 ご家族とか友人の出し物がたくさんあって、非常に愉快な式でした。
 式の次の日は、前から知っていた友人と、今回初めて知り合った人と、3人でドライブして飲んで食べてしてきました!! 同じくらいアルコールに強い人たちだったので、泡盛飲んで飲んで2時半まで遊んでました笑。

◎論文(修士)
 投稿されたらしい。投稿先が、私が在学中に話し合っていたところと違って、鼻で笑いたくなる。
 超安全ジャーナル。これで落ちるわけがない。バカにしてる。

◎論文(博士)
 先生から全然返信がないので、「やる気あんのか?」(意訳)っていうメールを送ったら、「こんなに頑張ってやってるのに、なんで不安になるんだかボクわかんない」(意訳)みたいなメールが返ってきた。
 おいおいおいおい、自分のこれまでの行い見てそれ言っちゃう? あんたの下でやってきた経験から言わせてもらえれば、正直不安しかないよ???

◎友人の分析
 沖縄での話だけど、「結婚できる気がしねぇ!」とわめく私に、友人が「絶対結婚できるよ、ていうか、するでしょ。あなたみたいに人懐っこい人が、生涯独りでいるなんて無理」と言い放ちまして、ちょっと目から鱗。
 そうか私人懐っこいのか……! いやいや、その評価が正しいのかどうかは知らないが、そう見てる人もいるのだな。
 まぁなんか、今の私は遊んでくれる友達いっぱいいるからね、寂しくないんだよねぇ。これで、友人が結婚していって、誰を遊びに誘うにも気兼ねするようになっちゃったら、寂しくなる気がするなぁ~。

 と、いうのがここ最近のハイライトでした。
 あ、そして、いま私、インフルエンザにかかっています。昨日は熱が40℃出た。頭が痛いし耳鳴りするし、なんか気持ち悪かったけれど、「え、ここで解熱剤飲んだら逆に危険じゃね?」って思ってなんとか耐えた。よく頑張ったね私。
 今んとこ平気。こうして、のんびりパソコンに向かってる程度にはね。
home