やっぱり。
2017.03.22 (23:54) 日常comment(0)
 やっぱり死ねば良いと思う。
 死ねば良いと思う。
 死ねば良いと思う。

 でも、
 そんな風に思いながらも
「ありがとうございました」
 ってメール送れる私、大人。

 すごいよ。
 すばらしいよ、私。

 よくがんばったよ。

 でもやっぱり嫌いだし、死ねば良いと思う。
 死ねばいい。

 殺したい。
空っぽな気分。
2017.03.19 (20:24) 日常comment(0)
 年をとって、なにかひとつのことに集中することができなくなった気がする。
 まぁ、最近、余裕がないなぁっていうか忙しくて、なんか精神が疲弊しているからっていうのもあるんだけど。

 最近、ホント自分が空っぽで嫌んなるわ。
 語れるものがないからね。大嫌いなものもない代わりに大好きなこともなくて、でもそれって生きやすいんだよ。
 あーあ。もうちょっと充電しよう。そういうステージなんだと思う、今。
 いろいろな人の、いろいろな楽しい話を聞いて、穏やかに微笑んでいるステージなんだと思う。

------------
 違和感なんだけど。
 事故で死んでしまった人に、学位をあげるのっておかしくない?
 気の毒だと思うけどさ、それと、学位あげるのって別だと私は思う。それが、実効性のないもので、残された人間の単なる満足であったとしても、私は、それは、変なことだと思う。
 
 アザラシに住民票あげるのも奇妙な話だし。

 それとは別のお話として、なんで日本じゃ同性婚を認めないんだろう?
 システムを変えるのは、まぁ、いろいろ大変なんだろうなぁと思うけど、同性婚を認めると、マズいことあるのかなー?
 別にさ、同性婚が公的に認められたって、全員に同性と結婚しろっていうわけじゃないんだからさ。異性愛者は異性と結婚すりゃ良いって話じゃんねぇ?

------------
 映画。
 「らららんど」を見ました。見ました!!
 ごめん、ぜんっぜんおもしろくなかったんだけど。なんで批評家たちがあんなに評価しているのか、心の底からわかんない。過去のミュージカル映画のオマージュ的部分も沢山あるらしいんだけど、私ぜんぜんそのへん知らないから、わかんなかったし。
 でも正直、解説が必要な映画なんてそれだけで減点ものだと思うんだけどね私。
 最初の、ハイウェイでのダンスと、カラフルなドレスを着た女の子たちがくるくるパーティーに繰り出そうとしている場面はわくわくしてハイテンションで好きだったけど、はっきり言ってそれだけだったかな。
 主人公の2人の考えていることがさっぱり・・・。具体的な年齢とかがわかんなかったからかな。夢を追いかけることをやめて現実を生きることを選択するには、年齢というものが大きなファクターだと思うんだけどね、私は。

------------
 今欲しいもの。
 桜の盆栽。
 花が咲いたら最高に美しいだろうね。ちょっといいなぁ、と思うけど、多分買わない。
 いいなぁ、と思う心の反対側に、「めんどくさいなぁ」と思う感情も存在していて、私は多分いまそういうものを優先して決定を下している。

------------
 ドラマ「カルテット」が面白い。
 ネット上の批評では、すずめちゃんがマキさんにかけた言葉のところで泣いたという人が多かったけれど、私はマキさんが「ちょっとお手洗い行ってきますね」と言って部屋を出て行ったときに不覚にも泣いてしまった。
 自分の泣きポイントがよくわかんない。

 泣きポイントといえば、美女と野獣が実写化されるじゃないですか。
 あれの予告見て、なんか泣けてきちゃったんですがどういうことなんですかね? ちっちゃいときに、台詞全部覚えちゃうくらいに観たんだけど、多分、今見ると感想いろいろ違ってくるんだろうな。。。そのうち観に行こう。公開されたら。

 ちっちゃいときと違う感想と言えば、ナウシカです。
 子供の時は、ナウシカに完全に感情移入して観るわけですが、今の私は完全にクシャナの気分で観ちゃいますもの。ナウシカに、「甘いこと言ってんじゃねぇよ」って思う部分が。。。

------------
 働いていて思うのが、「ああ、わたしこの国の歯車(※ただし替えはいくらでもいる)だなぁ」ということですね。
 あーあーあー。
 それでも生きていけてるからいいんだけど。ていうか、他の人から見たら明らかなる勝ち組ですよね。
 でもなぁ。いろいろあるんだよ。楽しいことばっかじゃないよいいことばっかじゃないよ。

 そういえば、私の友達はみんな大卒で高学歴な人たちばっかりなんだけど、そうでない人たちもいるんだよね。今更ながらに不思議。同じ日本という国の中が、2層に分かれているみたい。その層を飛び越えるのは、他の国に比べれば簡単だと思うのだけれど、それって、私がこちら側にいるからなのかな。。。

------------
 というわけで、取り留めのないことをつらつらと書きました。
 書くことは私の救い。
 
 そんな私は現在、花粉症により鼻水生産機と化しており、鼻にティッシュを突っ込みながらこいつを打っています。笑。
時間が足りぬ!
2017.03.11 (22:27) 日常comment(0)
うーん、論文でいっそがし~。
どうにもならんです。本業の仕事の方も、ここへ来てやらねばならんことがすんごくて、もう、「え、私死ぬの?」くらいな気分。
はぁ。はぁ。はぁ。

あーーー。

疲れた。

あ、そうだ、楽しい話題も提供しておくね。
今、彼氏候補みたいな人がいます。
好きなんだか何なんだかよくわかんないんだけど、年末くらいからずっと毎日メッセージのやりとりをしています。
ドクター時代の呑み仲間の一人です。
とりあえず、条件が、めっちゃいいんだ!!(←こういうこと言うと私が人でなしっぽいけどさ)
・背が高い。
・ラボのあの辛さを共有できる。
・相手が関東圏にいないので、毎週会う必要がない。
・あんまり気張らないで話ができる。
・酒に強い。
・美味しいものが好き。
などなど。
うーん、しかしこの人、そもそも大学院時代にグループで遊んでいた時にはまるで気にならなかった人なので(だって私は何年越し?みたいな感じで片思いしてた相手しか見えてなかった)、うーん、なんだろう、決め手に欠けるというか、イマイチ狩りをする気分になれないのですが、さてはて、こいつをどうするべきか。
そのうち会った方がいい気はするんだけど、どうしようかなー。しかしいずれにせよ、とりあえず年度内は無理。
home