人生を楽しく生きるこつ
2017.08.09 (20:07) 日常comment(0)
 人生にはいろいろ選択肢がある。
 先日見たテレビで、有名なおじさんが「迷ったら困難な方を選べ」と言っていた。
 確か、高校の時の地理の先生もそう言っていた気がする。

 そうね。ん? いや、果たしてそうかな?
 
 私はね、そうは思わないんだよ。貧乏くじは引かない方がいいし、無駄な努力なんてすべきじゃないよ。
 
 自分の人生を思い返してみると、あんまり迷うことってなかったけど。

 そうねぇ、今思い出して、一番迷ったのって、大学4年生のときに、指導教員を変える選択をしたときだったかな。
 あの時は、本当に迷った。
 明らかに、困難な道は、指導教員を変えないことだったと思う。しかも、指導教員を変えないでそのまま進学していれば、多分研究者としては一流になれているであろうことは、明らかだった。あの時の研究所は、学生もほとんどいない一流の研究所で、だからこそ、研究者同士のコネも作りやすかったし、設備に対して人が少なかったから、のびのびと研究できた。こう言っちゃなんだけど、多分私は同じ年の受験生の中でも成績は良い方で、先生方の覚えもめでたかったはずだ。
 なんか辛かったけど、これは研究者になるためのハードルだ、これを乗り越えたら一流の研究者だぞ、って、一番私がわかってて、そうやって最後の方は生きていた。卒論終えたくらいは、ラボにいるだけで涙が出て止まらない状態だったけど、「これを乗り越えれば!」ってその時も思ってた。

 でもなぁ、結局その道は選ばないことにしたんだ。
 最後まで悪あがきを続けていたんだけど、やめよ!って思えたのは、電話したときに父親が言った「辛いんだったら戻ってこればいい」っていう言葉だった気がする。
 研究の世界なんて、ろくに知らない父親ですよ。何いってんだよ、って思う気持ちもなくはなかったけどさ、やっぱ、なんか、肩の力抜けたかなぁ。その時も、ぶわって涙が出てきたけど、父親に悟られてはいけないと思って必死に声を出したのを覚えている。
 
 決めた後の私の行動は迅速で、とりあえず、行くはずだった大学院に辞退届けを出して、知り合いの先生に指導教員がどれだけ科学者としてダメなのかを語り、さっさと荷物をまとめて帰ってきたのでした。

 このときの選択はね、間違ってなかったと思う。結局研究者にはならなかったけど、それもそれで良いと思う。
 でもその一方で、もしもそのままあの大学院に行っていたら、とも考える。IFの話をしても仕方がないけれど、なんとなく、それでも私はうまくやっていたんじゃないかと思うんだよね。

 人生で大切なのってさ、決めることだよ。
 大事なのは、自分の意志で選択をするということで(別に選択肢のどちらを選んだって良い。簡単な道なぞこの世にはないのだから)、その選んだ方向を向いてしっかり歩いていくことだよ。
 誰かのせいにしたり、状況のせいにしたりせずね。

 急にこんなこと書き始めたのは、このブログの過去の記事を読んだから。
 実はこのブログは高校生のときからやっておりまして、非公開記事が山のようにあるんだけど、それらをちょっと見てたのね。
 せっかくなので、追記に当時の記事を抜粋。お暇でしたらどうぞ。
more
home