読んだ本 2016/05/03
2016.05.03 (23:26) 日常comment(0)
鍵の掛かった男 (幻冬舎単行本)
有栖川有栖

作家アリスシリーズってあんまり代表的長編がない気がしてたんですが、この作品がその役目を果たす作品になりそうです。犯人の動機とかはちょいと拍子抜け感あったけど、それを補って余りあるくらいに「鍵のかかった男」の謎に迫るところが面白かったな〜。
火村先生はドラマビジュアルで、アリスはリアル有栖川先生で脳内再生される〜笑。窪田アリスは好きだけど作家アリスとはなんかちょっと違うんだよね〜(^^;;

これからちょくちょく、観た映画、読んだ本などなどについて感想を書いていこうと思います〜(^∇^)
prevhome next












home