自己分析。
2016.08.11 (19:54) 日常comment(0)
http://www.ikedahayato.com/20150206/21004883.html
この記事で紹介されていて、面白そうだと思ったので。

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」

という本を使って、ちょっと自分の特徴について考えてみることにした。
↓その結果が、こちら。

自分の強み no name

意外? どうかな?
私がこれを見ておおお?と思ったのが「調和性」で、なんというか、私はあんまり人と調和することは考えていない人間だと自己診断していたからなんだな。
しかし、説明文の行動がまんま私の行動で笑った。

調和性の詳細説明文
→あなたは、衝突や摩擦から得るものはないという考えを持っているため、そのような争いを最小限にしようとします。周囲の人々が異なる意見を持っていることが分かると、あなたはその中の共通する部分を見出そうとします。あなたは彼らを対立から遠ざけて調和に向かわせようとします。人々が自分の意見を他人に押しつけるために無駄にしている時間の多さは、あなたには信じがたいほどです。もし私たちが意見を述べることを控え目にし、代わりに同意や支援を求めるようにすれば、皆がもっと生産的になれるのではないでしょうか? あなたはそうなると信じています。そしてその信念によって生きています。他の人が自分の目標や、主張や、強く抱いている意見を声高に話している時、あなたは沈黙を守ります。他の人がある方向に動き出すと、あなたは調和という名のもとに(彼らの基本的価値観があなたの価値観と衝突しない限り)、喜んで彼らに合わせてあなた自身の目標を修正するでしょう。他の人たちが自分たちのお気に入りの理論や考えについて議論を始めると、あなたは論争を避ける方向に持っていき、全員が賛同できる、実用的で地に足の着いた事柄について話すことの方を取ります。あなたの見方では、私たちは全員同じ船に乗り合わせていて、この船をこれから行こうとしている所に到着させる必要があるのです。それはしっかりした船です。単に自分が船を揺することをできることを示すために、わざわざ船を揺する必要などないのです

笑!研修のときのディスカッションにおける私の行動そのもので笑う。
prevhome next












home