長期的な視点と短期的な視点
2016.09.10 (17:18) 日常comment(2)
 なにごとにおいても、長期的な視点と短期的な視点は必要なのである。
 
 私が就活のときに、「大学院で学んだことは?」という質問に対してずっと答えていたのは、「長期的な視点と短期的な視点、あと、過去と未来を繋げる位置に自分が居るということを意識できるようになりました」という台詞だったけれど、まぁ、結構立派なこと言ってるし案外間違ってはいないと思う次第。

 なんでこんなことをしみじみと考えたかと言えば、最近私が浪費しまくっているからなのです。
 浪費の原因は、医者と語学学習と食物と運動です。(多いな笑)
 短期的に考えれば、浪費です。結構使ってます。赤字じゃないけど、寮に住んでいなかったら赤字かもなぁ、っていうくらいの出費です。
 しかし! ...これは浪費なのか???
 
 長期的視点を持ってこの状況を眺める。この出費をすることにより、「海外赴任のチャンスが広がる」「ストレス発散できる」「健康な体を手に入れる」ことができるのならば、これは『投資』なのである。今の出費とそれに伴う活動は、「自分の才能の無さに嘆きながら鬱々と仕事をする」というよろしくない状況を回避するべく実行している訳で、もしかしたら「心身不健康になり仕事もできない」という最悪な状況になる可能性を下げている訳で、長期的に観ればプラスに働いているわけなんだよ。

 と、浪費に前向きなことを言っても、日々生きていかなければならないので、やはりお金は必要で、際限なく消費活動を行って良いということにはならんのだよなぁ。。。

 今日は、デパートの地下で1本2500円のオリーブオイルを購入し、「これで毎朝頑張って職場行くぞっていう気分になれるんだから安いもんだよなぁ」と行為を正当化しながら帰ってきました。うーむ。難しいさじ加減だ。
prevhome next
yamamoto
2016.09.11 (17:15) + URL + EDIT
長期的にプラスなのも大事だし、今の創ちゃんが癒されるのがなによりだわね
私も最近習い事を始めようとしている!
2016.09.11 (19:55) + URL + EDIT
だよねー(^^)
なに習うの?? また帰るとき連絡するわ〜!美味しいごはん食べに行こうね!












home