« 2018 . 04 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

気分を変えてみましたよ。

 久しぶりにテンプレートを変えてみました。
 前も使ってたので、特に目新しい感じでもないのですが。

 そういや、私はウェブページのコードを多少いじることができるのだが、それを実地で学んだのはこういうテンプレをいじっているときでございました。ちょっとだけ、職場のウェブサイト操作するときに活用できたので、良いとしよう。(タグ打ちできることが職場で広まり、名実ともにウェブサイト更新担当になってしまったけど、私が異動したらだれがやるんだろう???)

 さて、ちょっと小休止。
 ずらずらと、書きたい事を下に書きます。暇だから、というよりは、頭を整理するべく、ね。現状、少々混乱しているし、迷っているし、疲れている。こういうときは、文章を打つに限ります。ここは私の日常の掃き溜め~。
● 幸せについて思いを馳せる。
 世界には、悲しみが溢れているが、それは、必要なものなのだろうか? 悲しみは定量的なものではないから、計算することはできないのだけれど、昔に比べたら、きっと総量減ってるんじゃないかな。どうだろうか。どうなんだろうか。
 長生きしたいというのは、きっと人類共通の願いだと思うのだけれど、たとえば悲しみの定量化として、平均寿命を見てみる。詳しい数字は知らないけど、きっと伸びてるよね。明日の食べ物を心配するような生き方の人は、多分少なくなってる。やっぱり、じゃ、幸せになってるのかな。
 子孫を得たいというのも、きっと人類共通の願いよね。平均出生率、世界的に見ると、多分増えてるよね。じゃ、幸せ??? 先進国だと、減っている。「減らす」という選択をとれているということが幸せなのか? また、途上国では、望まない妊娠・出産があるそうだから、出生率っていうのは、幸せの尺度としては不適当かな。
 生きていれば幸せかな。いま、生きていれば幸せかな。私の周りにいる人、みんな幸せかな。あんまり幸せじゃない人もたくさんいるよね、じゃなきゃ自殺なんてする必要ないからね。
 幸せって難しいね。生きてるだけじゃ幸せにならないんだよねぇ。
 今、生きていて、将来の心配がなくて、選択肢が用意されていて、選択することができて、束縛されることなく、世の中に胸を張れる仕事に就いている、っていうことが幸せなのかな。それだったら、きっと私って幸せなんだろうなぁ。
 幸せか~、幸せねぇ~。。。そんなもんは絵に描いた餅だぜ~。もしくは、隣の青々とした芝のことだぜ~。
 私、この世界中で生きている人たちの中で、幸せランキング結構上位にいると思うけど、別にそんな幸せって感じしないもんな。
 楽しいけどね。うむ。

● 好き嫌いとは。
 好きなことはやります。食べます。近づきます。続けます。始めます。繰り返します。お金を費やします。人に勧めます。触ります。見つめます。
 好きなことっていろいろあるけど、そしてそれは大体の場合に経済活動に繋がるわけだけど(好きなことのために、人はお金を費やす)、その、好きってのは、一体どういう心の変化なのでしょうか。
 極論を言ってしまえば、脳の神経活動なのだと思います。好きなことに関する情報が入ってきた瞬間に、喜び的な神経が活動して、幸せな信号が伝わるんでしょ?
 しかし、それって、一体どうやって獲得されるんだろう?? 不思議。。。もし思い通りにこいつを操作することができたら、人間、幸せになるんだろうにねぇ。

● 好きになるより慣れだ!
 「くれないの豚」にでてくる、カーチス(だっけ?)が、フィオに言う言葉なんですが、ふと、思い出すと、面白い言葉だなぁと。
 いやいや、いろんなことに当てはまると思うけど、そうだよね。
 人もそうだし、仕事もそうだし、住む場所、食べるもの、見る風景、えとせとらえとせとら。
 毎日やることって、それだけで親和性高くなるもんね。

● 安定と変化
 上でそうは言ったものの、変化も同時に望んでいるというのが、人間のやっかいなところでございますな。
 私の人格は、安定を望むやつと変化を望むやつが同居していてね、安定した環境にいると変化を望むヤツがぎゃぁぎゃぁと騒ぎ立てて、変化に富んだ環境にいると安定を望むヤツがしくしく泣き始めるんだよ。笑。
 今の環境は、どちらかというと安定環境なので、変化を望むヤツがぎゃあぎゃあ言ってるのね。仕事に、ちょっと慣れてきたからだと思うんだけどさ。まぁまぁ、私はこういう人間だから、変化を望むヤツに、「じゃ、どうしようね」と言いつつ楽しく生きています。

● 死ぬこと
 そういや、夏休み明けの自殺が多いというのがニュースになっていたとき、「若者の40%(?くらい)は自殺を考えたことがあるそうです」みたいなニュースが流れてて、コメンテーターが、「ええっ? そんなに?」って驚いていたんだけど、私からすると、「ええっ? 考えたことないヤツいんの?」って感じ。みんなどうなん? 私なんて中学生くらいのとき暇だったからずっと考えてたよ。死ぬ気はもちろんなかったけど、死ぬってどんな感じなんだろうという興味はあったよね。俗に言う中二病?ん?ちょっと違うかな。
 あの時は、そんなに悩みもなかったし目標もなかったからね。将来どんなものが自分の前に広がっているのか、想像もしていなかったしできなかったからね。
 話は変わりますが、私が今住んでいるのは、約30階建てのタワーマンションというものなのですが、真ん中に吹き抜けがあって、天辺が開いてるんですよ。真ん中が吹き抜けっていうことは、ひょいっと身を乗り出したら、そのまま下が見えるってことなんですが、今日ふと思い立って下を覗き込んでみたんですなぁ。
 感想としては、「うわぁーー、高い」なんですが、こう、背中を恐怖が這い上がるのと同時にさ、なんか恍惚としたものも湧き上がってくるよね笑。我ながら気持ち悪いけど。多分、心拍数あがったのを何かと勘違いしてるんだけどさ笑。きっとさ、感情の振れ幅ってプラスとマイナスというよりは、絶対値みたいなもので、プラスの方向しかないと思うんだよ。プラスの方向に振れたのを、楽しみとするか恐怖とするか快楽とするか嫌悪とするかは、ちょっとした味付けなんじゃないかな。

● オーガニック
 いろいろいろいろいろ考えちゃうこの言葉。
 これについて書くためには、ちょっと考えの整理がついていないので、また気が向いた時に書くけど、オーガニック大好きな人々に言いたいのは、「リスク気にしすぎてストレスで死なないようにしなさいよ?(笑) あんたら、忘れてるかもしれないけど、畑耕して野菜作ってる時点で「不自然」だからな??? あと、人間なんて、生まれた瞬間に死に向かって歩き始めてんだからな? どんなもん食べたって、毎日死に一歩ずつ近づいてるのは変わらないんだよ?」ってことかな。

● 奇跡的な国たち。
 改めて考えると、2000年あまり国が続いている日本、最強ですよね。すごいすごい。だって、こんな国他にないよ。いや~、すごいなぁ。
 そして、イギリスについてもちょろりと考えてみる。産業革命を迎えてからのイギリス。植民地作りまくりですよ。世界中を手に入れたこの島国。。。パックス・ブリタニカ。日本と対極の島国。イングリッシュが世界共通語なのも今思うとすんごいことですよ? それだけで、世界征服しているのはイギリスだなぁという気もしてくる。そして今なお、多少落ちぶれたとはいえ、世界を牛耳る国ですものね。
 超大国アメリカ。戦争で疲弊したイギリスに取って代わった最強の若造。力技にもの言わせた最強の国家。戦略とか戦術とか歴史とかをぶっとばす暴君ですよね。ま、その国と同盟結んでいるおかげで、日本はこうして発展したわけなので、サンキューといっておくけれどね。さぁて、アメリカはこれからどうなるかが見所ですね!はははは!
 地力があるのはドイツ。イギリスと間逆。外交下手なんかな、ちょっと勉強しないとよくわかんないけど、絶対力あるはずなのに、戦略間違えて痛い目見まくってるよね。そのくせ、そこから恐ろしいくらいタフに立ち直ってるんだからもう感動。EUだって、ドイツなしじゃやっていけないよ。常任理事国になれてないのが不憫。その点では日本に通じるものがある。
 ドイツと間逆と言う点では、イギリスよりもむしろフランスか? フランスのポテンシャルは私にも謎。しかし、長いバカンスがあったり、自由のお国柄はいいなぁと思っている。あんだけ休んでるのに、あの経済成長ってすばらしいよねぇ。
 フランスと同様のイメージがあるのはイタリアとスペイン。スペインのセンスがめっちゃ好きです。大航海時代にあれだけ暴れまわっていたいたのに、いろいろツメが甘くてイギリスに取って代わられてしまったかわいそうな国。なんとなく、安定よりも変化を好むお国柄なのかなという気もする。案外いろんな民族がいるんですよ、スペイン。レコンキスタ。。。アフリカと一番近いヨーロッパ。食べ物おいしそうだし、死ぬまでに一度は行きたい。ジブラルタルという交通の要所をイギリスに獲られているというのも、あーあ、って感じだけど、それもあわせてスペインなのか。。。スペイン料理は好き。単なるイメージだけど、スペイン人と遊んだら楽しそう。あーあーあーあー、スペインに行きたいな。

あ、そういや、世界地図(横1mくらいあるやつ)買った笑。部屋に飾ってある。暇なとき眺めてる。楽しい。

なんか、書きたい事だいたい書いたから、今日はここまで。すっきり! こんなことを考えながら、私は生きています。 
日常 | CM(0) | TB(-) 2017.09.10(Sun) 15:16

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © !Bailamos! all rights reserved.

プロフィール

創

Author:創
分子生物学系の大学院生やってました。
いまは日本の心臓で働いています。

リンク

全記事表示

全タイトルを表示

書籍

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター