« 2018 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

楽しいことパック

 今日は楽しいことだけしていました。

 図書館行って、お買い物行って、映画見て、カレー食べてきました。
 最近カレーを積極的に食べまくっているのですが、中でもお気に入りは東京駅前にある「ダバ・インディア」と新橋の近くにある「ナンディニ」です。東京はお店が大量にあるので、まだ行けていないお店がたくさんあるのですが、今のところのマイ・フェィバリットはこの2店です。

 さてさて、観た映画は「女神の見えざる手」というものです。
 アメリカのロビイストのお話です。いろいろな論点で見ることができる、とても良い映画でした。しかし、セリフが多いし人間関係も考えなきゃいけないし、事態はどんどん動いていくので、頭が疲れます。これは、映画館で集中して見るべき映画ですね。
 いやいやいや、この映画とはまた別件で、政治っつうものに対してちょっと考えていたことをまさに指摘しているものだったので、自分的には超タイムリーな感じ。

 私は、政治家、特に若い奴が大体嫌いなんですが、その理由が「自分の考えがなさそうだから」です。もちろん、まぁ、いろんな政治家がいるので一概には言えませんが。
 政治家ってのは、国民や地域の代表でございます。代表なんですが、でも、国民の意見をそのまま伝言ゲームするだけなら、そいつである必要はまるでないわけですよね。たとえば、「子供が貧困で困っています」ってなったときに、周りの大人たちが、「奨学金あげようよ」「子ども食堂つくろうよ」「授業料免除しようよ」って言って、議員に頼むじゃない? で、その政治家は、そういう要望があります、そうしていきましょう、って言うじゃない? でもそれって、ただのスピーカーよ? 本当に政治ってのものやるならさ、その要望がリーズナブルな解決法なのか分析しなさいよ。で、今の制度で何が足りないのかちゃんと整理しなさいや。
 そのうえで、しかるべき場所で議論しなさい????
 なんか、議論が違ってきちゃったけど、映画でもそんな感じのことは指摘されていた。
 議員は国民の代表のはず。銃規制に賛成する国民の方が多いのに、どうして銃規制法案は可決されないのか? という問題に、「だって投票率は〇〇%よ?」(具体的数値は忘れた)って答えるんですよ。そうそう、国民は政治家から舐められている。それは、唯一かつ絶対の権力である投票というものを実行しないからなんだよ。こいつらは投票しないぜ、というだけでバカにされてるんだぞお~。私が思うにね、選挙なんて、超大規模にやる「おっさんたちの就活」だと思えばええんやで(女性たちもいるけど)。面接官は全国民。おっさんたちは、これ落ちたらただの無職なんだから、私らは高圧的に審査すりゃいいのよ。よく考えようぜ? 日本という巨大企業の行く末を担う従業員を選ぶことができるんだから、投票行かないなんてどうにかしてるよー。
日常 | CM(0) | TB(-) 2017.12.16(Sat) 19:04

コメント

コメントの投稿


秘密にする
copyright © !Bailamos! all rights reserved.

プロフィール

創

Author:創
分子生物学系の大学院生やってました。
いまは日本の心臓で働いています。

リンク

全記事表示

全タイトルを表示

書籍

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター